ネパール大地震被害―現地状況ー2〈4月29日現在〉

ネパール大地震被害―現地状況ー2〈4月29日現在〉

1、 救援活動

国内救援活動の主力は軍、警察ですが、重機などが少ない為、インド陸軍、空軍が輸送機10機、ヘリコプター13機、重車両100両以上、人員1000名以上を投入し、全国の救援実施中。

アメリカ、中国、イギリス、パキスタン、バングラデッシュ、ノルウェー、フランス、オーストラリア、イスラエル等の陸、空軍が活動している。

28日、日本から緊急災害救援隊70名と、2頭の救助犬が到着、早速救助活動に頑張っている。

民間は多くのNGO,INGOが現場周辺で活動中。

残念ながら天気の悪い日が続いており活動が制約されている。

2. 救援地域

最大の被災地であるカトマンズ盆地は以上のようですが、震央に近いゴルカ〈死者約500名以上、カトマンズの西40km〉〉、シンヂパルチョック〈死者1100名以上、カトマンズの北西30km〉等多くの地域で詳細が徐々に明らかになってきており、死者が大幅に増えると見られる。

また、山岳地方ではエベレストで20人以上、ランタン谷で250名がそれぞれ雪崩、土砂崩れで生き埋めとの報道あり。

3. 運輸

1) 航空機(国際線)

平常ですが物資の輸送を優先しているため大変混雑しており通常のスケジュールを維持できず、多くの航空機が着陸許可が下りない為、引っ返している状況。

日本隊70名の乗ったタイ航空《TG319便》は、カトマンズ上空から2度バンコクに引っ返している。

空港は24時間オープン、滑走路は離着陸には支障ないとのこと。

2) 国内線

28日より平常スケジュールに戻りました。

カトマンズ空港は出発、到着の人々で非常に混雑している。

4.市内交通

多くのガソリン・スタンドが閉まっており、またインドからのタンローリーが来ない為、ガソリン、デイーゼルの購入は困難となっている。

従って、バス、テンポー、マイクロバス、タクシーなどは殆ど走っておらず、市民の足は確保されていない。

但し、カトマンズから地方の自宅に帰る人々が多い為、政府命令で長距離バスは大幅な定員過剰で運行されています、がダフ屋などが横行しており警察の取り締まりが強化されている。

5.通信

1) 国内での固定電話、携帯電話はほぼOKですが、時間、場所によっては通話が難しいことが多くあり。

2)国際電話も同様。

3)e-mailは時間によって全く接続できない場合がある。夜中の2時ー5時がOK。これはメデイアや救援活動部隊に多く利用されているからと言われている。

5. 食料など

あらかたの商店はクローズです。一度開けたら1時間以内で売り切れた等、の話もあり。特に飲料水は市内で購入することは難しいが、まだ開店されてないスーパー・マーケットには大量の在庫があることが分かっており、開店時には市民が殺到すると予想。

6.水道

従来から当該地域など一部地域では2週間に一度程度しか配水されておらない為、特に地震の影響で配水が少なくなったとは言えないようです。ただし地域によってここ2-3か月、全く水が来ない地域もあり、1週間に1-2時間来る地域もある。

それでも、市内8か所の浄水場は通常通り動いている模様。

7. 電気

地域ごとですが、徐々に回復してきている。ただし従来から一日10時間の計画停電が続いておりましたので、地震の影響で24時間停電であったものが10時間の元通りの停電になったものと見ることも出来る。

8. 炊き出し

日本大使館でも炊き出しを行っており〈現在は中止〉、若いバック・パッカーの日本人が訪れていた模様。

市内では各所に見られる。

提供:大津昭宣氏(カトマンズに長年在住し、ヒマラヤ登山を中心とする旅行代理店経営)

Have Your Say