長野支部よりお知らせ

参 加 者 募 集

タンボチェ3867mから望む、エベレスト8848m左とローツェ南壁8516m  撮影 鈴木雅則

タンボチェ3867mから望むエベレスト8848m左とローツェ南壁8516m 撮影 鈴木雅則

 

主 催  NPO法人松本ヒマラヤ友好会(MHC

協 力  (公益)日本ネパール協会長野県支部

日 時  平成29711日(火) PM645845

会 場  松本市中央公民館(Mウィング) 3-2

この度は、NPO法人松本ヒマラヤ友好会による、2017年度のネパール講座として、ヒマラヤを始めとする大自然、歴史、そして、世界的な文化を、理事長鈴木雅則のよる講演を行います。ネパールでは、今年5月地方遺選挙も行われ、新しい市町村長が選ばれました。姉妹都市のカトマンズ市も新市長が選ばれ、ネパールの各都市で新しい街づくり、国づくりが行われようとしています。

第一部 ・・「ネパールの自然・歴史世界的文化、近況報告」

スクリーン映像を駆使し、ヒマラヤの大自然、世界史的な歴史と文化を解説。また地方選挙が行われ、姉妹都市カトマンズに新市長が誕生しました。その報告も行います。

第二部・・・「エベレストの登攀史とトレッキングの魅力」

スクリーン映像を駆使し、ネパールヒマラヤ初登攀の歴史とヒマラヤトレッキングの魅力を講演します。講演では、高所薄酸素でのトレッキングの注意と心得も説明、日本の登山での心得にも役立つことでしょう。

 

この企画を実施する事で、松本市民をはじめとする人々とカトマンズ並びにネパールの人々との相互理解が深まり、松本市とカトマンズ市との姉妹都市交流の発展に寄与できる事を念願しております。

 

Comments are closed.